ナイトワーカー向け・貯金100万円を貯める方法

hyakumanen
 

やあ、お金が貯まらない貧乏人諸君。
毒舌スカウトマンのブログへようこそ。
 

このエントリーでは、あんたが今どんなに貧乏人であっても、
これから貯金100万円貯められるための考え方を伝授する。
 

ちなみに、貯金200万以上ある人は回れ右な。
恥ずかしくてこの先を読んでもらうのも申し訳ないくらいだ。
(毒舌スカウトマンの貯金は、今約200万円くらい…)
 

200万以上貯金がある奴は、貧乏人の戯言だと思って笑ってくれ。ヾ(´;ω;`)ノ
 

というわけで本題に入る。
 

先日、Twitterを眺めていたら、

「早く貯金100万円貯めて、好きなことにお金を使いたい!!」

wakuwaku

みたいに書いている人を見かけたんだよな。
いやあ、素晴らしいと思った。
 

たしかに、毒舌スカウトマンも、
「もっとお金を貯めて、好きなギターや音楽機材を買いたい。
そのために、まずは100万円貯める!!」
と昔は思っていたな。
昔はバンドマンだったから、とにかく音楽にお金を使いたかった。
 
 

やはり、仕事(特にナイトワーク)をするからには、
お金を貯めることは目標の一つとして重要だろうと思う。
 

お金を稼ぎたい!貯金したい!と思ってナイトワークを始める女の子は多いのではないだろうか。
お金を貯めるっていうのは、良いことである。
 

実際のところ、毒舌スカウトマンが知っている限りでも
 

・免許を取るためのお金が必要
・将来お店を開くためにお金を貯めたい

 

と言って、ナイトワークをしている女の子は多かった。
 

しかし、ナイトワーカーを隣で眺めていると
きちんと貯金を貯めて綺麗に卒業していく女の子と
なかなか貯金を貯められずにずるずるとナイトワークしている女の子もいるということに気づかされる。
 

そこで今日は、なかなか貯金が貯められないという女の子向けに、
毒舌スカウトマン流の貯金を貯める方法についてお話をしてみたいと思う。
 

実際のところ、俺はなかなか貯金が貯められなかった。
ちょっとでも小銭を持つとすぐにキャバクラに使ってしまうし、
ひどい時には六本木で出会った知らない女に高い酒を奢ったりして、すぐに全額使いきってしまうありさまだった。連絡先も交換せずにな。
まぁ、その時は、「見返りも求めずに与える俺ってかっこいいだろう?」みたいな変な自惚れもあったんだけど、
今思えば無駄なお金の使い方だったかもしれないな。
 

だけど、今はまぁ毎月少しは貯金して、
だいたい200万近くはお金が貯まってきている。

この200万という数字を少なく見るか多く見るかはあなた次第だけども、
(自分的には、こんなもん、自分で言うのも恥ずかしい程に少ない金額だと思っているが。)

まあでも、少なくとも今現在で100万円も貯金が無い、
もしくはすぐに貯金を使いきってしまうという人は、
参考にしてもらえるかもしれない。
 
 

貯金のコツその1.
お金を貯めるには、収入よりも支出を少なくする必要がある。

buta-buubuu

予め書いておくと、ナイトワークをしているなら、
100万円貯めるっていうのは、かなり簡単な話である。
 

どのくらい簡単かというと、
普通にOLしているだけの女と比べるなら、
2倍か3倍くらい簡単かな。
 

普通にOLをしている女よりもナイトワーカーのほうが給料が良いことは多い。
(普通のOLは、たぶん手取り20万くらいが普通じゃないかな。
それに比べて、ナイトワーカーは給料としては30万とか、40万とか、50万くらいはザラである。)
 

普通のOLが、毎月ちまちまと数万円貯めて、やっと100万円貯めるのに対し、
ナイトワーカーは、それこそ毎月20万とか30万とか貯金できる。
 

だから、ナイトワーカーは、普通の人よりは貯金が貯まりやすい。はずだ。

だけど、なかなかたまらない人が居るんだよな。

なぜだと思う?

それは、収入が多くなったと同時に、なぜか支出が多くなってしまう人が多いのである。
 

これは、俺も経験があったんだが、
もともと、お金の使い方がわからない人というのは、
お金の使い方がわからないもんだから、
小銭を持つとどうしても無駄遣いしてしまう傾向があるみたい
なんだよな。
 

たとえば、「がんばった自分へのご褒美♪」ってことで、ちょっと高いスイーツを食べてみたり、
なぜか妙に金のかかる趣味に興味を持ってしまったりする。
 

ジムに通い始めたり、ヨガに通い始めたりな。

まあ、夜の仕事をしているわけだから、
ジムに通うのもヨガに通うのも、エステに通うのも良いと思う。
自分磨きも大事だしな。
 

だけど、もっと重要なこともあるだろ。

それはあんたに夢があるっていうなら、
「貯金を貯めろ」ということだ。
 

貯金を貯めるとはどういうことか。

それは

収入-支出がプラスになることである。

すごく当たり前なことと感じるかもしれない。
しかし、これがすべてだ。

収入-支出 が10万円あるなら、
10ヶ月がんばれば、貯金は100万円貯まる計算になる。

収入-支出 が20万円あるなら、
5ヶ月がんばれば、貯金は100万円貯まる計算になる。

本当にこれだけ単純な計算だ。
 

それがなかなかできないから困ってるんじゃない!!
 

と思う人もいると思う。
 

仰る通り。
 

人生にはいろいろなことが起こるんだよな。

特に、お金というものは、持つといろいろな出来事がなぜか起こるようになる。

なぜか知らないが、お金を持つと、お金を使わないといけない出来事がなぜか起こる。
(これを毒舌スカウトマンは、貯金額=支出額の法則と勝手に読んでいる:嘘)
 

「トーストはバターを塗った面を下にして落ちる」ということわざがある。たしかイギリスのことわざだったかな。

これは「トーストはなぜかバターを塗った面を下にして落ちる」ということを皮肉ったことわざであるけれども、お金にも似たようなことが言える。

お金を持つと、なぜかお金が必要になる出来事が起こる。

友達が急に妊娠してお金が必要になったり、
肌がきれいになる化粧品の噂が妙に気になったり。
ダイエットサプリの情報が、やけに気になったりする。

お金を持つ前は、そういうことは気にならなかったのに、
お金を持つとなぜかそういう話が舞い込んで来たりする。
極端な話、事故に遭う人もいるな。お金がある時に限って。
 

見に覚えがある人も、居るのではないだろうか。
 

だから、「収入-支出」をプラスにするというのは、
簡単なことではないんだよな。実は。

簡単なことではないから、
「収入-支出」の式だけを見て、
お金を貯めるのって簡単でしょ~?とか思っていると、
「なぜか貯金が貯まらない」という現実があなたの元に現れたりする。
 
 

貯金のコツその2.
借金がある人は早急に返す。

credit-card

そういえば、重要なことを忘れていた。

クレジットカードを持っている人。
それ、私に渡しなさい。折ってあげるから。
クレジットカードとは、借金の元である。
 

ナイトワークをこれから始めるって人の中は、
実は借金があるという人も中には居るかもしれない。
 

まあ、借金はよくないが、作ってしまったものは仕方ない。
 

中には、クレジットカードを、限度額ギリギリまで使っていたり、
下手をすればクレジットカートを何枚か使ってしまっている人もいるかもしれない。
 

ちなみに、クレジットカードを2枚以上、限度額まで使ってしまっているっていうのは、
それは立派な多重債務だからな。
 

「またカード作ればいっか~」なんて言ってる場合じゃないぞ。
 

毒舌スカウトマンも、割とカードは使うほうだ。
だから、カードの便利さはよくわかる。
 

だけど、もしあなたが貯金を増やしたいと真剣に考えているのなら
クレジットカードの返済を長期化させるのはおすすめしない。
 

そもそも、クレジットカードというのは借金なんである。
クレジットカードを使って決済した時点で、はい、借金成立である。
 

シャキーン!!(`・ω・´)ってな。
 
 

ごめん。

クレジットカードっていうのはこれは借金なんだよな。

カード会社は、カードをたくさん使ってもらうと儲かるから、
リボ払いとかをやけに進めてくるけれども、
カードを使うってことは、借金をするということである。
 

借金をするということは、借金がある限り利息を払い続けないといけないということだ。
 

そして、この利息っていうのは、貯金を増やす上では、かなり邪魔な存在だ。
 

詳しくはこのエントリーでは割愛するけれども、
たとえばあなたが30万円、ショッピング枠を使っていて、
リボルビングにしていたとする。
 

この場合、あなたは月間約1万円を利息のみに支払っている計算になる。
(おおざっぱな計算なので詳しく知りたい人はリボ払いの恐怖について調べるように。
※検索エンジンへリンクしておいた)
 

要するに、最初30万円借りたと思っていたのに、
1年後には、12万くらいをプラスして、
42万円返さないといけない
ということだ。
 

100万円貯めたいと思っているのに、
年間12万円も利息だけで支払っていたら、貯まるものもたまらないということである。
 

そして、リボ払いの怖いところは、なんかこう、「定額制」みたいな感覚があるから、
「なんかちょっと引かれてるだけだから大丈夫♪」みたいに錯覚するんだよな。
 

まぁ、リボ払いうんぬんについては詳しい説明は省くけど、
もしあなたが貯金をしたいのに、毎月複数のカード会社からカードの明細が届くっていう状況なら、
まずはカードの利用料金をまず全額返済することをおすすめする。
 

クレジットカードを使っているなら、
「今自分はいったい、いくら使っているのか?」
をしっかり把握したうえで、まずは全額、返済をしないといけない。
 

カードの利用履歴がゼロになったら、ようやく貯金スタートだ。
 
 
 
 

じゃあ、お金を貯めるためにはどうすればいいの?

nayamu-hutari

簡単な話だ。
お金を使ってしまう可能性のある情報をすべてシャットアウトすればいい。
 

「えっ、せっかくお金が手に入ったのに、お金を使うための情報をシャットアウトするの?」
 

うんそうだよ。
お金を使ってしまう情報をすべてシャットアウトする。
 

もしかしたら、お金を使ってしまう情報源は、案外「友達」にあるかもしれない。

友達がエステの話をいつもしてくるとか、
友達が新しいダイエットサプリについて話してくるとかな。

そういうことも、「お金を使ってしまう元凶」になりえる。
(盲点なんだけど、友達が理由でお金が貯まらないということは、実はよくある。)
 

もしそうだったら、その友達とは距離を置くしかないかもな。
その友達と居ると、なかなか貯金が貯まらなくなってしまう。
次から次へと、エステの情報やら、ダイエットの情報やらが運び込まれてくるからな。
次第にあんたは、エステに通いたくなるし、ダイエットサプリも欲しくなってしまうというわけだ。
 

友達と距離を置くのはつらいかもしれない。
 

しかし、そのお金を使ってしまう可能性をすべてシャットアウトすると、
あんたの手元には「収入」だけが残るってことだ。
 

原理的にはこれだけなんだよな。
 

えっ、せっかくお金が手に入ったのに、お金を使うための情報をシャットアウトするの?
と思った人。

あなたは貯金が貯まらない性格だ。
 

上のように思う人は、「お金は貯めるものではなくて、使うものだ」と本心では思っている。

いや、それはそれで正しいんだけれども、
「貯金を増やす」という意味では、考え方としては間違っている。
 

貯金っていうのは、
がんばって稼いだお金に対して、
何の見返りも求めることなく、そのまま貯金通帳の中に入れておくことを貯金と言う。

 

だから、「貯金がある=お金が使える!」と考えるのは、
真の意味での貯金ではない。

でも、こう言うと、少し非情に聞こえるかもしれないな。
でも、実際のところはそうなのである。

だいたい、世の中はお金で買えるように見えるものが多すぎるからな。
あんたたちが売っている、もしくはこれから売ることになる、「恋愛」もその一つだけれども。
 
 

毒舌スカウトマンがお金が貯まらなかった頃の話

ちなみに、毒舌スカウトマンが貯金が無かったころの話。
収入はある程度あったし、そうすぐに途切れるものでもないと思っていたから、
当時は結構お金を使っていた。
 

飲みに行けば、かならず友達には奢っていたし、
女の子と食事に行く時も必ず奢っていた。
 

正直な話、同時に何人かの女の子とも付き合いがあったから、
(食事だけの付き合いが大半だったが←ココ重要。笑)
女の子との食事の時は、当然食事はすべて奢っていた。
 

あんたたちみたいなかわいい子を「魚民」なんかに連れて行くわけにもいかないだろ。
だから、そこそこ良いお店に連れて行こうと思ったらまた金がかかる。
 

そんなことをずっとやっていたな。

当然、金は貯まらなかった。

「貯金=女の子と食事に行ける回数」

だった。
 

毒舌スカウトマンは、自分でも情けなくなるくらいの女好きだから、
まあ、貯金がなくなるくらいまでは、女の子とご飯を食べに行ってたんだよな。
 

で、複数の女の子とは食事に行ってたけど、
別にそれ以上の関係になるわけでもない。ただご飯を奢っていただけだった。
 

要するに、見栄を張りたかったんだよな。
 

まあ、女の子の立場なら、
「なあんだ、それなら結構良いヤツじゃん」
って思うかもしれないな。
 

まあだから、ついつい使ってしまっていたというわけだな。
 

だけど、あることがきっかけでこの考えを改めるようになる。
 

まあ、きっかけっていうのもくだらない話なんだけれども。

単純に、当時付き合っていた彼女と大喧嘩したんだよな。お金の話で。
 

普段は収入あるように見せていたのに、ほとんど貯金が無いってことになって、
それで将来どうするの!?って話になった。
 

で、俺は正直に、「今貯金は30万くらいかなぁ」とその時自分が持ってる貯金額を言ったんだが、
彼女は「私も15万円くらいしかない」と泣き出してしまった。
彼女は、「私のヒモになればいいのに」とか言うけれども、彼女にも金がないと。
で、無力感を感じた彼女は泣き出してしまったわけなんだよなぁ。
 

このとき、俺は「ああ、貯金することってそんなに大事なことだったんだ(;´д`)」と反省したということである。
 

その後、収入は極力、貯金に回すようにしたという話である。

まあ、しょうもない話かな。

結局参考にならなかったかもしれん。すまん。
ただ、結局俺の場合、貯金は彼女のために貯めているという部分が結局でかい。

たぶん独り身に戻るようなことがあったら、たぶんあんたたちに還元することになるだろうなぁ。
寂しいから。飲みに行ってしまうだろうから。

あと、自分のことを大切に思ってくれていると感じる人が居なくなったら、
またその心を埋めるために散在してしまうかもしれない。
 
 

この「寂しい」が曲者

要するに、お金が貯まらないということは、
お金を使いたいという心理状況があるということなのである。

お金があると、使わなければいけないように感じてしまう心理とも言おうか。

それは、一つは見栄だったり、
見栄の後ろには寂しさがあったりするということだ。
 

なんか半分くらい、毒舌スカウトマンで一人語りしているような気がする。
そろそろ長くなったし、まとめようか。
 

要するに、貯金とは、使わないお金のことである。
使わないお金というのは、将来使うためのお金、とも言うことができる。
貯金が貯まらない人は、貯金を使わないお金として見ることができない。

そして、常に寂しい。お金で埋められるものを求めているということだ。
 

じゃあ、貯金100万円貯めたい人は、どうするかって話なんだけれども、
結局、その寂しさを自分で埋められる人が勝つんじゃないかな。
他人に頼るんじゃないぞ。自分で埋めるんだ。(ここが重要)

たとえば、そのうちの一つは目標である。
貯金100万円貯めて将来何をするんだ?ってことが重要だよな。

逆に言うと、たまらないという人は、
その、将来やりたいことと、今やりたいこと、どっちが大事だ?
ということを自問自答してみるといい。
今お金を使って、自分が解決したい欲は何か?を問いただしてみるといいかもしれないな。

今スイーツ食べることが本当に重要か。
今、外食することが本当に重要か。

それと将来やりたいことと、どっちが重要かを考えるってことだな。
 

ちなみに、世の中、お金さえあれば何でもできるように見えるところはあるが、
実際は、この世の中、お金なんかなくても何でもできたりする。

むしろ、お金がなくてもできることのほうが自由度は広いくらいだ。

(たとえば、キャバクラに行く人は、お金で疑似恋愛を買っているが、
お金をかけない恋愛のほうが本当は圧倒的に自由だってことくらい、
あんたたちなら手にとるようにわかるだろ?)

ここに気づけるようになれば、たぶん、もうあなたはお金には困らなくなる。
 

もしわからないなら、今度毒舌スカウトマンは恋愛講座も開かないければいけないかもしれないなぁ。仕事が増えるぜ。
 

いや、私は貯金なんか必要ないわという人は

いや、あなたが特に目標なく、
普通よりちょっといい生活ができれば良いってぐらいに思ってるなら、
別に無理に貯金を貯める必要もない。
むしろ、若いうちに大金を使うっていうのもある種の経験だしな。

だけど、貯金がある生活と、貯金が全くない生活だったら、
個人的には前者のほうが、なんとなく精神的な安定感はあるような気はする。
しかし、それはお金があると安心と思っている俺の弱さかもしれない。

まあでも、貯金が無いっていうのも人生だから、良いと思う。
貯金がある人生と、貯金が無い人生っていうのは同時に歩めない。
それはどちらも尊いものだ。

まぁ、このエントリーに関しては、
「貯金を貯めたい人向け」に、毒舌スカウトマンが思ったことを書いてみたのであった。
 

 

PS.しかし、ばか正直なくらいに自分の貯金額を暴露してしまった毒舌スカウトマンであるが、
同年代の人たちは、いくらくらい貯金を持っているものなのかは気になるところである(;´・ω・)w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です