お店へのリスペクト、感謝が足りない人はどこに行っても稼げないぜ。

 

どうも毒舌スカウトマンです…。
結構、お店の悪口言う女の子多いようなので、一応ブログにも書いておきます。
 
 

お前ら、働かせてもらってる立場なのに、あんまり店の悪口とか、言うんじゃねえ!(; ・`д・´)
 
 

もうはっきり言うけど、
店の悪口言いたいだけの奴は問い合わせてくるな。聞くだけうっとおしいんだよ・・・。
 
 

スカウトは、女の子ともお店とも一心同体。どっちが欠けても成立しない仕事なんだよ。

 

前にブログに書いたけどよ・・・
スカウトって、店舗とも女の子とも一心同体なんだよ…。
どっちかが欠けていてもだめなんだよ。

だから、一つお願いしたい。
 

お前ら、店の悪口は言うな。
 

店舗と女の子とが居て、双方が仲良くしてくれるから俺の立場があるわけよ。
 

だけど、どっちかがどっちかを嫌ってるような状態になると、この仕事ってもう、成り立たないわけよ。
 

まあもちろん、前に悪質なお店を見分ける方法って記事書いたけど、明らかに店側が悪い場合もあるよ。
 

どう考えてもこれは店が悪いな、というケースはたしかにある。セクハラするとか、お金払わないとかシフトに入れてくれないとかな。
シフトに入れないなら、出勤しようがないし、それだと稼げないからな。

でも、その場合、明らかに店舗が悪い場合は何も言わずに辞めるが正解なんだよ。

そして、しれっと別の店で働く、というのが大人の対応なんだよ。
 

だから済んだことをいつまでもいつまでもいつまでもいつまでもうじうじうじうじ言わないの。

聞いてる時間ももったいないし、言ってるあんた、そんなことに拘ってるうちに自分の魅力を失ってることに気づいたほうがいいよ。他人の悪口を言ってる奴に、魅力を感じる人なんかいないんだから。
 
 

そうやって言ってるとあんたはそのうちどこでも働けなくなるよ。
店舗の人だって人間なんだから、完璧な人なんかいないんだから。
自分のことを嫌ってる、敵対視してる人と一緒に仕事したいなんて思う人はいないからね。
 

悔しかったら自分で店開くなり、起業するなりしなさい。
その時初めて、店舗側の気持ちがわかるから。
 
 

全く。
 

悪口を言うやつは警戒される

悪口ってさ、毒素そのものなんだよ。

お店っていうところは、経営を続けることが最も重要だから、こう、運が悪くなりそうな要素、特に毒素を持ってる奴ってのは基本的に嫌うんだよ。
 

キャラとして、あえて悪口を言うならいいんだよ。
こう、痛快な悪口ってあるからな。ローラみたいにあえて敬語は使わないとかな。こういうのはわかるんだよ。
 

そうじゃなくて、マジで笑えないような悪口を言う奴は、誰も関わりたくないんだよ。誰だって毒素を食らいたくないからな。
 
 
 

辛いことがあったら勉強だと割り切ること

でも、嫌なことがあった、どう吐き出したらいいかわからないっという人もいるかもしれない。

まあ、ゴリラの場合はこうやってブログに書くことで注意喚起になるし同時にストレスの発散にもなるんだけれどな。

まあでもそうだな。自分なりのストレス解消法みたいなのを持ってる人は強いだろうな。

でも一番いいのは、嫌なことがあった時は、「こういうことがあるのは、自分に理由があるからだ」とまずは自分に非があることを認めることだと思うな。
ちょっとこれについては後日また記事を書こうと思うけれども。
 
 
 

完璧な人なんかいないんだから、完璧な人を求めるな。相手に求めてばかりの人は稼げないよ。

スカウトってさ、お店側、女の子側、どっちにも立つからさ、どちらの言い分もよくわかるんだけれど、正直なところ、相手の悪口を言ってる奴ってどうも女の子側に多いような気がするんだよね。
 

お店はさ、常に何人もの人を相手にして、その中で一番合理的な方法を、仕方なく選んでるっというケースが多い。
 

たとえば、お店の人に「お前、遅刻するなら店やめろ」と、言われたとする。
この時、「何、迎えに来ない癖にサイテー」って思う気持ちは、まあわかるよ。
 

でも、あんたよりもっとお店に貢献してる人が、ちゃんと時間通りに来てたりするんだよ。
 

この時点で、お店にとってどっちを優遇したいかは、もう明白だよな・・・
というか、時間通りに店に来てくれてる時点で、もうそれはお店に貢献してる、ということができるけどな・・・
 

そんな簡単なこともわからねえのかよお前ら・・・って正直思うことがあるよ。
身に覚えがある奴は気をつけろ!
 
 

お店ってさ、ずっと継続的に経営していくのって大変なんだよ。

お店はさ・・・お客も集めなきゃいけない。女の子も集めなきゃいけない。
お店を運営し続けるって、もうそれだけで奇跡的なくらい、大変な関門がたくさんあるわけさ。
 

そんなときにさ、どこから来たかようわからんようなクソ女が、面接で何時間も前のお店の悪口とか言ってたりしてみろよ、またかよってうんざりするぜ。
 

それくらいだったらさ、お店側はさお客さん集めるために次の企画どうしようかなとか、がんばってくれてる女の子のために内装綺麗にしようかなとか、そういうことにお店の人は時間を割きたいんだよ。

お前らの愚痴を聞いてる暇は、残念ながらないんだよ・・・
 
 

お店への感謝が足りない人はどこに行っても稼げないよ

さっきもチラっと言ったけどさ・・・完璧な人なんて居ないんだよ。人間なんだから。 

一見、完璧そうな店長だって、実はロリコン趣味があるかもしれないし、借金抱えてるかもわからん。本当はキャストに手を出したくて出したくて仕方ないのに、仕事中めっちゃ我慢してるかもわからん。
 

だけど、一応表向きそういうの出さないように我慢してさ、仕事してる人が大半なわけよ。

なんていうんだろ、小さいことだけど、まずはそういうことに少し、感謝したいところなんだよね。

ロリコン趣味があるのに、私に向けないでありがとうって。
それなのに今日もお店に来てくれて、お給料くれてありがとうって、そう思えるあんたたちであってほしいわけよ。
 
 
 

常に誰かの悪口を言う人と、あなたは一緒にいたいかね?ゴリラは嫌だよ

自分の立場に置き換えてみてほしいんだけれど・・・

もしだよ?ゴリラがさ、影で店舗の連中と一緒にあんたらの悪口を言ってたら、嫌でしょう?
 

ゴリラはそんなこと言わないけどさ、でもあまりにも目に余るような奴は、店舗にもおすすめできないし、「この子はちょっとやめておきましょうか」って言うこと、あるよ。

それはお互いのためというか、なんでもかんでも悪い方向に解釈するやつは足手まといになるから、ビジネスの世界には必要がないんだよ。
 
 

売上は、お店と一緒に作るものだよ

つまり言いたいことはこういうことなんだけどさ・・・
売上って、あんたたち、自分で作るものって思ってるかもしれないけれども、それは違うぜ。

お店と一緒に作るものなんだよ。売上っていうのは。

だから、あんたたちとお店っていうのは敵対関係じゃなくて協力関係なんだよ。
協力しあうために、俺らスカウトがいるんだよ。
 

そうじゃなくて、お店に甘えて、お店にばかり改善を求めるやつ、いるよな?
スカウトは自分を甘やかしてくれる存在、みたいに思ってるやつ、いないか?
 

全然違うよ。
 

スカウトもお店も、金儲けのためのビジネスとしてこの仕事をやってるんだよ。

お前を甘やかすためにやってないの。
 
 

だから、たまにさ、このお店は使えない、このスカウトは使えない、みたいに言うやついるけどさ、こういう奴はそもそも、店舗もスカウトも協力のために存在してるって概念が抜けてるんだよ。排他的な考えを持ってる奴に多いよな。
 

店舗と女は、本来協力関係であるはずなのに、その概念が抜けてるやつはナイトワークでは稼ぐことは難しいのは当然なんだよ。
 
 

お店側の気持ちがわかると、面接ではかなり優遇されるよ。

この記事ではさ、思い切ってゴリラが思うことをぶちまけたんだけどさ…。

「店舗が稼がせてくれる」って思い込みすぎな女、少し考え方改めたほういいよ。
たしかに、店舗が稼がせてくれるという側面はある。環境でも多少、変わることはある。
 

でもさ、最終的に稼ぐのは、あんただからな?店じゃねえんだよ。
 

店はそのための舞台装置でしかねえんだよ。
お店に稼がせてもらえるっていうのは、最初だけだよ。
だから、まず最初はお客をつけてくれてありがとう。その後どう売上につなげるかはあんたの努力次第なんだよ。 
 

お店ってのはさ、大変なんだよ。

お客集めるためにいい立地のところに店を構えようと思ったら、家賃だってかかるし、綺麗な店内にしようと思ったら内装費だってかかる。
女の子意外にも黒服だって雇わなききゃいけないし、どれが欠けてても経営はできねえ。
 

お店ってのはそういう存在なんだよ。
そこで一人、やんややんや言うやつがいたら、トカゲのしっぽ切りじゃないけど、一番必要のないのやつからカットされるのは当然だろ。
お店的にはそれが一番楽なんだから。
 

だから、そのあたり最低限理解した上で、面接に臨んでほしいってことだよな。
 
 

感謝できる人には良い循環が必ず起こるものだぜ。

ここから先は、信じられる人だけ読んでくれればと思うけどさ。

感謝できる人には良い循環が必ず起こるものなんだよ。
 

嫌なことがあったとしても「あ、これは何か自分に教えようとしてくれてるんだ、ありがたい」って思えると、人はそこから何か一つ学ぶことができるんだよ。

前に運を良くする方法って記事でも書いたけどさ。

嫌なことがあった時に「なにこれ最悪」とか思ってると、もうそこであんたの成長は止まるんだよ。
 
 

逆に、嫌なことがあっても感謝できるようになった時、ちょっとだけあんたは魅力的な女になれるんだよ。

そうすると、セット料金払ってでもあんたに会いたいって人が、必ず出てくるんだよ。これがいわゆる指名というやつなんだよ。

逆に言うと、感謝できないやつってのは良い循環は絶対に起こらないんだよ。

なのに「稼げるお店紹介してください」って言っても、、それは無理だよ。
 

だって稼ぐために必要な概念が抜けてるんだから。そりゃそうだろ。
 

たとえばさ、ゴリラがさ、コンビニに行ってさ、「この500円のお弁当、ください」って言ったとするよな。
そうするとレジの人は「はい、500円になります」って言うよな。
 

この時ゴリラがさ。「お金持ってませんけど?」って言ったら、
店員はまあ9割「はあ?何言ってんだコイツ」ってってなると思うんだよ。
 

相手に感謝できないのに、稼がせてくれっていうのは、これとおんなじことなんだよ。
 

お金っていうのは、エネルギーでもあるけど、感謝のしるしでもあるわけだよ。
他人に感謝できない人間が、誰かからは一方的に感謝されたいって、そういうことはないんだよ。
 

それはさっきゴリラが、500円も持たずにコンビニにいって門前払いされたように、
感謝の心が足りないやつは、だれからも感謝されない人生を送ることになるんだよ。
なんていうかこう、これはこの世をつかさどる最低限の基本的なルールなのよ。
 

一方的に求めることはやめてくれ。俺だってビジネスでやってるんだから、一方的なお願いは聞けないぜ。
 
 

感謝とは心の置き方一つで変わる

そういうとさ、「何、私は感謝できる状態にないよ」っという人もいると思う。
 

だけどさ、それならそこがあんたのスタートラインだぜ。

いいかい?この地球上には今この瞬間にも貧困の国に生まれて、1歳迎えられずに死んでくやつらがわんさかいるんだよ。
2017年現在の話だぜ?あんたらが空調の利いた部屋で店の悪口言ってる間に、泥水も飲めずに1歳迎えられずに死んでくやつらがたくさんいるんだよ。

あんたは文字が読めるだろ。このブログが読めるってことはインターネットも繋がってるよな?
ならもうその時点で世界トップ10%以内の金持ちなんだよ。だからまずそこに感謝しようよ。

世の中には綺麗な水は飲めない、文字は読めない、インターネットなんかもちろんないってやつらがわんさかいるんだよ。
 

ゴリラだってさ、不細工だし毛深いし、本音で話すと女の子には嫌われそうなくらいのフェチをもった変態だからさ、最初はつらかったんだよ。
女の子を見るとすぐに興奮するしまともに言葉も話せなくなる。ドキドキしちゃってスカウトどころじゃねえんだよ。
おまけに身体も弱いから、長時間外にいるとすぐに風邪ひいたりするしな。
 

だけど、今は良い時代でさ。たとえばこうしてインターネットでブログを書いたりすれば、不細工だし毛深いってハンデはなんとかなるだろ。
 

実際に路上でスカウトしてる人よりは会えない分、信用されないかもしれないし大変かもしれないけど、ゴリラはゴリラなりに乗り越えようとしてるってことだよ。

そうすると、だれかはこのブログのことを見てくれていて、問い合わせくれたりするだろ。もうそれが感謝なんだよ。
 
 
 
 
 
 

というわけで・・・

ゴリラはちなみにおっぱいフェチだからな。
ここまで読んだなら絶対におっぱいの写真送れよ?
お尻でもかまわないぜ。
とか書いても絶対に来ないことはわかってるんだけどな!(; ・`д・´)w
 

おい。

ドン引きすんじゃねえ。
 

だから言いたくなかったんだっ(; ・`д・´)w
別に送らなくていいからな・・・

か、勝手に言ったって?どうせここまで読む奴なんてそうそういないと思ったからな・・・。
 
 

まあいいや・・・
いつもありがとう。(´ω`)
 

ゴリラが言いたいのは結局これだけなんであった・・・。
 
 

おしまいっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です